« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014-09-28

ブルートレイン信州

今日は長野~富士見で運転されたブルートレイン信州を撮影に…。
本当は行けない予定でしたが、幸か不幸か行けることになってしまいました…(-_-;)

Img_5045_19560レ ブルートレイン信州 EF64 38+24系+1051 信濃川島-小野

Img_5106_1 9563レ ブルートレイン信州 辰野-信濃川島
長岡の1050番台が長野県内走ることも珍しい…?

Img_5120_1_2最後に北殿で233M N314と2220M N312の211系並びを撮影して終了。

時間の関係で辰野線しか行けませんでしたが、思ったよりも凄い人出でした…
篠ノ井線の有名どころも大変なことになってたようですし…
そんなに人が沸くほどのネタが無い飯田線は平和で良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-09-21

番外編…?

北海道のその他?諸々…(笑)

Dsc_0260_1 北斗星グランシャリオで頂いたペペロンチーノ。
コース料理頼んでやろうと思ってましたが、3対1の相席だったのでこれだけ頼んでさらっと退散(^_^;)

Dsc_0296_1 翌朝は洋朝食。
朝食…と言っても並んだりの関係で食べたのは10時近く…(^_^;)

Dsc_0293_1
Dsc_0284_1 グランシャリオにおひとり様は寂しいと言うことがよーく分かりました…

Dsc_0307_1 札幌と言えばラーメン?
味噌、バター、コーンの三拍子。

Dsc_0313_1 街を散策、まずは時計台…

Dsc_0315_1 テレビ塔

Dsc_0320_1 すすきの

Dsc_0319_1 歩行者天国?の入口に停めてあったクラウンPC

飛んで、翌朝…

Img_4879_1
Img_4893_1 北斗星待ちで時間があったので摩周丸見物。

Img_4882_1 朝の函館山

Img_4892_1 どつくには護衛艦「まきなみ」

ちょっと港の方へ移動して…

Img_4914_1 ワシカモメ
人馴れしてるのか、かなり近くで撮らせてくれました。

Img_4917_1 こちらはうみねこ

Img_4920_1
Img_4923_1 巡視艇ゆきぐも
まさか自衛隊や海保のおふねが見られるとは…(笑)

Img_4987_1 朝市のにぎわい

Dsc_0347_1 湯の川温泉「ホテル雨宮館」
源泉かけ流しのお風呂に入り…

Dsc_0348_1 朝市で海鮮丼…
やっぱりどこのお店もいいお値段でした…(笑)

北海道、またゆっくり行ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-09-20

函館station

夜な夜なホテルを抜け出してはまなすを撮影…

Img_4744_1 上下はまなすの案内表示。

Img_4763_1 函館駅に進入するはまなす。
あ、HMの花が白い…(笑)

Img_4773_1
Img_4777_1ED79 7

Img_4770_1 赤い機関車と青い客車note

P9150049_1 14系

Img_4782_1 函館からはDD51に牽かれて札幌へ向かって行きました。

流石に上りはまなすは撮らず、ホテルで仮眠…
数時間後、カシオペアを撮影しに駅へ…

Img_4801_1 函館駅に進入するカシオペア。
入線流しでもしようかと思いましたが、眠すぎて止まる気がしなかったので却下sweat02

Img_4807_1 カシオペア。

Img_4820_1 DD51が追ってきて・・・

Img_4823_1 連結。

Img_4826_1 札幌まではDD51重連がエスコート。
凛々しい…

Img_4837_1
Img_4846_1
Img_4849_1 ED79はカシオペアが行った後もしばらく止まってたのでじっくり観察できましたnote

Img_4857_1 朝日に照らされるキハ40

Img_4941_1 カシオペアからしばらく時間を置いて北斗星が入線。
東北本線の踏切支障で30分程遅れていました。
ネッツの主張が…(笑)

Img_4946_1 ED79 9
塗装の剥げが…

Img_4953_1 北斗星

Img_4959_1 渋い。

Img_4966_1 至近距離でDD51

Img_4971_1 札幌へ向けて発車していきました。
かっこいい…

このあとは湯の川温泉や朝市を巡って、帰路へ。

P9150005_1 北斗4号と白鳥22号
キハ183と485系の老兵並びnote

白鳥22号で新青森へ…

P9150023_1 485系が代走していたつがる6号を偶然撮影できましたnote

Img_4989_1 新青森からはE2系のはやて360号で東京、新宿からあずさ31号で帰ってきました。

以上、3連休の一人旅でした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-09-18

渡道

北斗星で夜を明かし、目が覚めると既に北海道に入っていました。
函館で機関車がED79からDD51へと変わり、札幌へ向けて発車…

できず…(笑)

機関車に不具合が見つかったとのことで10分遅れて発車しました。

Img_4564_1 函館を出て進行方向が変わり、森を過ぎると車窓には朝日に輝く噴火湾がnote

朝食を食べたり、シャワー浴びたりしているうちに札幌に到着。
遅れも回復してほぼ定刻で着きました。
余韻に浸る間もなく普電に乗り換えて琴似駅へ先回り。

Img_4584_1 回2レ 琴似
一晩お世話になった北斗星に別れを告げ、再び札幌へ…

Img_4606_1 12D オホーツク2号 札幌
初見のスラントノーズnote
発電用エンジンが爆音響かせてました…

Img_4619_1 61D サロベツ
1日上下1本ずつの特急サロベツ。
最北の駅、稚内まで5時間40分の長旅…

お昼を食べて、再び琴似へ…

Img_4648_1 回8001レ 琴似
客レの良い所は回送でも回送って分かんないところですね…(笑)

札幌停車中に追い抜いて新札幌へ先回り。

Img_4654_1 2082レ DF200 115+コキ 新札幌
先行でやって来た貨物。
ディーゼル機関車なのにインバーター音を唸らせて通過して行く不思議な機関車…

Img_4661_1 5005D 北斗5号
そして後ろから北斗。

Img_4674_1 8002レ トワイライトエクスプレス
重連のDD51がエンジン音唸らせてかっ飛んで行きました。
痺れる…

またまた札幌へ戻り、市内を散策。
夕方のスーパー北斗で函館へ…。
ホテルにチェックインして余計な荷物を置いて北斗星を撮影すべく函館駅へ。

Img_4693_1 まだまだ現役、キハ40

Img_4730_1 2レ 北斗星
到着と同時に中から乗客が飛び出してきてお祭り騒ぎ…(^_^;)
その間にあっと言う間にDD51は切り離されて退避…
まともなのはこの1枚だけでした。

Img_4740_1 5016D 北斗16号
夜見るとかっこよさ倍増ですね。
連結器周りのホース類が堪りません…(笑)

Img_4741_1 HET183

そんなこんなでこの日は終了。
夜中のはまなすまでホテルで一休み…
続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-09-16

北斗星の旅

3連休に北斗星に乗車して北海道へ行って来ました。
新潟に用事?があったので、岡谷から長野、直江津、新潟、高崎を回って上野へ…。

P9130001_1
P9130003_1 2375M N9 長野
長野に着いたらN9が。

P9130004_1 9436M N201 いろどり山梨ぶどう号
続いて彩ちゃん。
ふと思ったのですが、最近前面液晶に『PAUSE ┃┃』って表示されなくなったんですね(笑)

P9130005_1 3321M N101 妙高1号
乗車する妙高号はN101編成でした。
なんとも賑やかな長野駅…

P9130009_1 3373M R28 くびき野3号
新井からはくびき野に乗り換えて新潟へ。

P9130012_1 直江津では先程まで乗車していた妙高と並びました。
国鉄色並びを期待しましたが、そこまでの運は無かったようで…(笑)

P9130011_1 北陸新幹線開業に併せて廃止が発表されている両列車。
折角なので指定席に乗ってみました。
どちらの列車も割と指定に人(鉄ちゃんではない)が乗ってたのが驚き…。

P9130021_1 1056M R23 北越6号 新潟

P9130025_1
P9130022_1
P9130023_1 9361D 柳都Shu*Kura
なんともへんてこりんなライトは何なんでしょう…(笑)

P9130032_1 用事をさらっと済ませてMaxとき326号で高崎へ…

P9130037_1 9738M B6 一村一山号 渋川
少し後戻りして渋川から謎の列車で上野へ…

Img_4437_1 そして上野から北斗星に乗車…!

Img_4452_1 いつもは撮るだけの列車に初乗車。
テンション上がります。

Img_4519_1 大勢の人が待ち構える上野駅13番線に主役が登場。

これだけ撮って部屋に荷物を放り込み、シャワー券購入列へ…。
それでも出遅れたようで既に長蛇の列でしたが、ギリギリ予約することができました。

Img_4541_1 お部屋はBソロ。
あけぼのBソロ上段しか寝台経験が無いので、広さは充分…(^_^;)
列車は順調に北へ…

続く…笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »